【動脈硬化とは?|脳血管障害の根源・動脈硬化】

脳血管障害の起源

脳卒中をもたらすのは動脈硬化です。

 

長い年月をかけて何の自覚症状もなく進行し、ある時、脳卒中という形で出現して牙をむくのです。

 

脳梗塞ではなく、心筋梗塞という形で出現することもあります。

 

脳と心臓という全く異なる部位で致命的な病気を引き起こすのは、実は同じ動脈硬化なのです。

 

この動脈硬化という病気がどんなものなのか、簡単にまとめました。

 

近場で希望内容の脳ドックを最安で検索できるのはコチラ

 

動脈硬化とはどんな病気か?

動脈とは、酸素をたっぷり含んだ新鮮な血液を体のすみずみに届ける血管です。

 

逆に体のすみずみから汚れた血を回収するのが静脈です。

 

動脈硬化は簡単に言うと、動脈の内側の壁に汚れがたまって血の通り道が細くなっていく病気です。

 

血管の壁が汚れで分厚くなっていくことで、血管がしなやかさを失うので、動脈硬化と呼ばれています。

 

動脈硬化は中高年の病気だと思われがちですが、違います。

 

よくない生活習慣を原因として若い頃から長年かけて進行し、中高年の頃には相当ひどくなっていることが多いということです。

 

その間、自覚症状はまったくありません。

 

だから生活習慣を正そうという気も起きないため、症状はさらに進行していきます。

 

動脈硬化を防ごうと思ったら、若い頃から意識しないといけないのです。

 

動脈硬化がもたらす病気

先ほど、血管の内側についた「汚れ」と表現した部分がさらに大きくなって崩れると、そこに血栓(血のかたまり)ができます。

 

血栓はやがてそこを離れて血液で流されていきます。

 

そして細い血管を詰まらせ、そこから先の組織は血液が届かなくなって、酸欠で壊死します。

 

血管が血栓で詰まった部位が脳だったら脳梗塞、心臓だったら心筋梗塞が起こります。

 

完全に詰まるところまで行かなくても、血が通りにくくなっていくだけで、一過性脳虚血性発作や狭心症が起きてきます。

 

動脈硬化は脳動脈瘤ができる原因のひとつでもあります。

 

また、血管の内側の壁の表面(血管内皮)は単なる壁ではなく、血管を拡張させる物質などを出す分泌器官です。

 

この分泌活動が動脈硬化を防ぐ役割も果たしています。

 

動脈硬化は血管内皮を破壊し、必要な物質の分泌を阻害します。

 

この結果、動脈硬化はさらに歯止めがきかなくなり、さらには血行不良や勃起障害(ED)も起きてくるのです。

 

このように、動脈硬化は最終的に多様な症状を引き起こします。

 

しかし、症状が出る段階まで進んでしまうと、血管は容易には元の状態には戻らないのです。

 

動脈硬化が発生する仕組み

先ほどは、「動脈硬化は動脈の内側の壁に汚れがたまって血液の通り道が細くなること」と説明しました。

 

これはあくまで理解を簡単にするための説明で、実際は少し違います。

 

もう少し正確な説明を加えておきます。

 

血管は、外膜・中膜・内膜の3層構造になっており、内膜の表面には血管内皮細胞がびっしりはりついていて、分泌器官の機能も果たしています。

 

高血圧や糖尿病などで血管内皮が傷つくと、そこから内膜にコレステロールが入り込みます。

 

それを処理するために白血球の一種である単球も入り込み、マクロファージというものに変化します。

 

マクロファージはばい菌などを食い殺す白血球の一種ですが、そこでコレステロールを食べた後、そのまま死にます。

 

すると死骸に含まれていたコレステロールや脂肪が、粥状のどろどろになって内膜下に蓄積されていき、血管の内側に向かって膨らんでいきます。

 

これが動脈硬化発生の正確なメカニズムです。

 

動脈硬化を防ぐには?

動脈硬化は生活習慣病の典型です。

 

次の5つの危険因子が指摘されており、若い頃から注意をすることで進行を防げます。

 

  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 喫煙
  • 肥満
  • 糖尿病

 

 

近場で希望内容の脳ドックを最安で検索できるのはコチラ